Al-Can Kick!! 社会人になりました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
科学の世界
2008-10-08 Wed 23:36
ども、ぎゅうです。なんかノーベル物理学賞に日本人物理学者3人が選ばれたそうですね、すげ~!

ちょうど今『神様のパズル』っていう小説読んでて、そんなかに素粒子だのなんだの、っていう話がやたら出てきてたんで、個人的にタイムリーなネタでした。メチャテンションあがります@

…まぁド文系のオイラにとっちゃ内容はさっぱり分からんかったけど^^;
ただ「素粒子」だの「反物質」だの「ひも理論」だの、小説読んで出てきた言葉が新聞やテレビでも出てきて「うぉ~!」とか驚いてただけです(笑)

『神様のパズル』は今年の春先ぐらいに映画にもなってましたね。市原隼人とかが主演してたやつ。「宇宙は無から産まれた。じゃあそこらへんにある無を使って人間にも宇宙は作れるのか?」みたいな問題に平凡大学生と天才少女が挑戦する、的な話です。んでところどころに物理学のウンチクがちりばめられてる感じです。おかげさまで大分知ったかできるようになりました^^;
高校時代物理なんてめんどくさくて大嫌いでしたが、この本読んでみて「へぇー」って思う部分があったり「何でだろう?」って疑問に思う部分があったりしてけっこう物理に興味でてきました。
まあ決して勉強することはないだろうけど(笑)

今回のノーベル賞の話が、あらゆる物質の発生や起源といったものに迫る基礎研究のようで、小説内でも「なぜ無から宇宙、そして物質が産まれたか」っていうところから話が掘り下げられてくので、現実と小説にかなり内容のカブリがあるように思います。
そのせいかこういう研究が進んでいくと、本当に人間が宇宙とか生命とかを創生しちゃう時代も来るのかなぁなんてSFチックな考えを抱いてしまうぎゅうでした。

『神様のパズル』ハマッたんで一気に読んでしまいたいんですが、卒論の中間報告が間近に迫っているのでなかなかそうもさせてもらえません(泣)
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<蒟蒻畑 | Al-Can Kick!! | 龍馬がゆくんじゃね?>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Al-Can Kick!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。