Al-Can Kick!! 社会人になりました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画レビュー
2006-10-04 Wed 04:29
ども、ぎゅうです。まもなく4時を迎えようとしています。バイトのある日は3時に起き、ない日はこんなに夜更かし。うーん、生活が乱れまくりです;生活習慣って言葉聞くと耳が痛いです^^;

さ、こんな時間まで何をやっていたかというと、映画借りて観てました。返却期限が今日なんで頑張りました@『シンデレラマン』ってやつです。たしか去年公開されたやつ。ついでに日曜日にみた『死ぬまでにしたい10のこと』ってヤツの感想なんかも書いてみます。こっちは3年くらい前に公開されたやつかな、たしか?

『死ぬまでにしたい10のこと』
観る前は、「余命宣告された人が残りの人生をポジティブに生きる、切ないながらも明るめなストーリー」を期待してたんだけど、思ったより暗めっていうか退廃的な感じの映画でした。原題は『My Life without Me』でした、うーん重い…;
主人公は23歳で二人の娘を持つ主婦。余命2ヶ月と宣告された主人公が死ぬまでにしたいことを書き上げて、それを実行していく話。死ぬまでにしたいことは10項目あるけど、大きく2つに別れます。
一つは「死後に遺されていくものたちのためにやってあげたいこと」。娘が18歳になるまで毎年誕生日のメッセージを送る、娘の気に入る新しい母親を探す、などです。
で、もう一つが「自分残りの人生を彩る(楽しむ)もの」、酒とタバコを思いっきり楽しむ、などもありましたが、一番大きいのが夫以外の男とつきあってみるというものです。まぁぶっちゃけ不倫なのかな?
夫も含めて家族をすごく愛してる人なのに、人生の最後にもう一度恋愛もしちゃうんですよね。なんか、人の心情みたいなものがうまく描かれてるなぁと感じてしまいました。なんか綺麗ごとだけじゃない、素のままの人の心をうまく捉えてる気がしました。大切な人たちを大切に思うのも飾らない素直な気持ちだし、自分のためにワガママに生きたいっていうのも素直な気持ちなんだなぁ。
最後のシーン、自分がいなくなった後の家族の生活を、ベッドの上で冷静に観てる主人公がなんだか印象的でした。何言ってるか分からないスね。まぁ気になる人は映画観ろってことで^^;あぁ、文章力…。


『シンデレラマン』
メッチャいい映画でした!大恐慌時代、家族のためにリングに舞い戻るボクサーが栄光を手に入れる話です。しかも実在の人物だとか。いやはや。。
やっぱ俺はこういう映画がツボみたいです。ありきたりだろうがなんだろうが純粋にハッピーエンドで感動できる映画が好きっス。主人公がシブイ!!物静かで家族思いの優しさと、夢への熱さと闘志を持った人。カッコイイ!優しく、強く。理想です。
ボクシング界を追われ、家族のために過酷な日雇い労働の日々を送る姿も、リングに戻ってからの家族のため・夢のために戦う姿もよいです。
もし自分が大恐慌っていう過酷な時代を生きるとしたら、この人のように家族のために頑張れるか、夢を持ち続けていられるか。正直自信はないけど、見習っていきたいです。現実問題、長い人生一度は大恐慌みたいな時代を乗り越えなくちゃならない時は来るでしょうしね。その時この映画の主人公のように生きられたら人生成功だと思います。



うーん、なんかよう分からん内容になってるな;まぁいつものことか^^;シンデレラマンは俺ん中で結構ヒットです。よかったら是非見てみてください。
いい加減俺も寝ますかね。でわでわ@
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<イヌ・サル・キジは・・・?? | Al-Can Kick!! | 夏休みも終わり・・・。>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| Al-Can Kick!! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。